ご閲覧頂き誠にありがとうございます。
ゼロから始める資格試験なので、
同じような境遇の方、一緒に頑張りましょう。

2009年08月27日

Wセミナー 講義を受けてみて。

今回は実際に講義を受けてみての私の個人的な感想を述べたいと思います。

まず、予備校にするか独学にするかで悩んでいる方、

中でも金銭的に問題がなく迷ってる方はぜひガイダンスを受けるべきです。

当日参加できなかったとしても、
ホームページのwebフォローというところから閲覧できるようになっています。

司法書士を目指すにあたっての大事なところを再確認できると思います。

私が選ばせていただいたのは竹下講師なのですが、
実に合理的な考えをされている方で、
何を説明するにしてもストレートでわかり易い話をしてくださいます。

膨大な量を覚えることがこの試験の最大の難所なので、
これを「作業」と割り切って話してくださる竹下講師の考えが私には一番しっくりきました。

試験を受けるにあたっての重要箇所、独学の手引きなど、
もちろん学習面で実となることは複数あるのですが、
講義を受けて良かったと私の中で一番思ったことは精神面です。

今からですと約10ヶ月、
独学で挑むというのはかなりの孤独感が付き纏います。

長期間モチベーションを維持するというのも容易なことではありません。

竹下講師はそんな考えを切って捨てるような厳しい発言を多々なさいます。(笑)

しかし、そのいい意味で煽る様な発言が逆に私のモチベーションを維持してくれます。


まだ始めたばかりなのだから意識が高いのは当然ですが、
意識が高いからこそ来年の一度目の試験が大事。

独学で合格する方ももちろんいらっしゃいますし、
ライフスタイルによって勉強方法が制限される場合もありますが、
冒頭にも書いた通り、迷われてる方は是非一度ガイダンスを見てみてください。

これはWセミナーに限ったことではありませんが。

LECでも伊藤塾でも独学でも、
自分に合っていることがまず一番だと思います。


スポンサードリンク





ラベル:司法書士 予備校
posted by けんけん at 23:56| Comment(0) | 予備校(比較や感想) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Wセミナー webフォロー

諸事情により更新が遅れてしまったのですが、

先日からWセミナー1年コース竹下クラスの受講を始めました。

試験まで約10ヶ月しか期間が残されていない為9月開始の速習コースと悩んだのですが、

学校の方と相談した結果、専業学生であることもあるので一年コースを選びました。


コース自体は4月からの開講ですので現時点で5ヶ月分の遅れをどうするか。

私のように中途半端な時期から勉強を決意する方も少なくないと思います。

その際に助かるのがタイトルの「webフォロー」になります。

このシステムは動作環境の整ったPCさえあれば、

自宅でもネットカフェでもどこでも講義を受けることができるもので、

講義音声のダウンロード、配布資料の印刷、0.6〜2倍速再生など、
様々な利点があります。

別途料金も必要ありませんので、復習にも最適です。

ですので、私の場合はまずこのwebフォローの倍速再生で講義を受け、

基本書を読み直し復習、次いで直前チェックにてアウトプット。

この繰り返しを1日に2〜3セット繰り返し、

毎日継続する形で遅れを取り戻していきたいと思います。

この方法で欠かさず出来たとしても講座終了の時期までに追いつけるかは何とも言えないのですが;;

かといってやらなければ何も動き出さないですし、

早い段階でアウトプットの配分を工夫して7月の本試験に備えたいと思います。


私の計画は専業学生ならではのやり方ですが、

普通に働きながら勉強する方の場合でもこのwebフォローを使うことである程度の遅れなら全く問題なく取り戻せると思います。


決意が固まっているのならまずやること。

何よりも行動に移すという熱意が大事だと思うので、

今から10ヶ月、しっかりと勉強していきます。


スポンサードリンク






ラベル:予備校 司法書士
posted by けんけん at 23:20| Comment(0) | 予備校(比較や感想) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。