ご閲覧頂き誠にありがとうございます。
ゼロから始める資格試験なので、
同じような境遇の方、一緒に頑張りましょう。

2009年09月13日

情報の一元化

以前にも書きましたが、私の勉強の流れは

講義→基本書読み込み→テキストでアウトプット

となっております。


この基本書の読み込みの過程で一緒に済ませていることがあり、

それが下の写真です。

200909132042000.jpg

ありがちですけどね(笑)

写真に写ってるのは直前チェック(テキスト)ですが、

基本書のデュープロセスも同じ様な状態です。


読み流すときの重要部分は赤ペンで下線引き、

用語として覚えるべき箇所などは緑マーカーで塗りつぶし。

復習するときに赤のクリアシートで隠して読みます。

覚えられてないところはチェックを入れて再びやり直すときの目安にし、

完全に覚えた箇所もチェックを入れておきます。


過去問にしろ応用テキストにしろ、

まずは定義をしっかりと覚えてないと全く解けないので、

ここら辺はもう力技で覚えていくしかないですね。

かなり最初の頃の日記にも書きましたが、

ノートに書き上げているとそれだけでかなりの時間がかかるので、

テキスト又は基本書に情報を一元化して使っていくのが吉かと思います。


個人的にはこの塗りつぶしていく作業が一番しんどいんですが…。

一回の講義分でテキストと基本書合わせると大体50ページ位はあるので。

問題解いてる時が一番楽しいです(笑)


スポンサードリンク



posted by けんけん at 21:03| Comment(0) | 独学(使用書籍や勉強法など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。