ご閲覧頂き誠にありがとうございます。
ゼロから始める資格試験なので、
同じような境遇の方、一緒に頑張りましょう。

2009年09月05日

過去問

自主学習の手順に関して、

予備校に通っている場合は、講義があり、それについての基本書の読み込み、次いでテキストにてアウトプットが定石だと思いますが、

独学においても似たような手順で勉強される方が多いと思います。

まず基本書の読み込みから入り、理解が出来たところでアウトプット。


このような流れで勉強していく中、過去問についてはいつ頃から始めるのがベストか。

大抵の方はなるべく早い段階から過去問をやった方がいいとお考えのようです。

私もそう思います。


過去問に関しては複数の要素が含まれた問題がほとんどですので、(例えば、取り消すことができる法律行為と無権代理行為の関連問題など)

ひとつのテーマが終わったからといって内容が理解できるものは限られてきますが、

問題の形式を把握することや、端的に「慣れる」ことも大事だと思います。

過去問に限らず、アウトプットによる知識の整理は自分が理解できていないところがはっきりしますので、

改めて復習する際の目安にもなります。


基本書を読み込んで理解できるのは当たり前、問題はそれを自分の知識として応用できているかが大事です。

ですので、過去問を通じて自分の弱点を早い段階で確認することはかなり重要だと思います。

私も過去問には手を焼いておりますが、間違ったら覚えるまで繰り返せばいい、ってことですので、

挫けずに頑張りたいもんです。


スポンサードリンク







posted by けんけん at 23:32| Comment(2) | 独学(使用書籍や勉強法など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。